バスドライバーに必要な運転免許

路線バスや観光バスのドライバーは大型自動車第二種免許が必須

我々がバスとして通常思い浮かべるのは、地域内の決められたルートをお客を乗せて走る「路線バス」や、大勢の旅行客を乗せて観光地を移動する「観光バス」ですが、これらを運転するためには「大型自動車第二種免許」が必須です。運転免許には第一種と第二種があり、お客さんから運賃を受け取った上でバスやタクシーなどの旅客自動車を運転する場合は第二種免許を取得しなければなりません。大型二種免許の取得方法は、ひと昔前までは運転免許試験場での受験に限られていましたが、現在は自動車教習所で学んで免許取得を目指すことができるようになっています。

ただし、この免許が必要になるのは実際に乗務にあたるときであり、路線バスや観光バスを運行している会社によっては大型二種免許を持っていなくても採用してもらえることがあります。このような会社には、入社後の研修に大型二種免許の取得を促すためのプログラムが盛り込まれているからです。

送迎用のバスであれば車両に応じた第一種免許があれば乗務可能

バスドライバーとして仕事をしている人の中には、幼稚園や福祉施設などの送迎バスのドライバーをつとめている人が少なくありません。実は、このような送迎バスは、乗務する車両に対応した第一種免許を持っていれば運転することができます。例えば、路線バス並みのスペックを持つ送迎バスであれば大型一種免許を持っていることで、マイクロバスであれば中型か大型の一種免許があれば車内に人を乗せた状態であっても運転可能です。理由は、送迎バスやマイクロバスが旅客自動車運送事業用の車両ではなく、第二種免許が必要となる旅客運送運転に該当しないためです。

このように、バスドライバーとして仕事をするために必要となる運転免許は、使用するバスの種類や目的によって異なります。もし、運転免許を所有していないのであれば、就職情報や求人情報などで必要な免許を調べてから取得に向けて取り組むようにしましょう。

ドライバーの募集は、地域の仕事情報誌や求人サイトで探すことが出来ます。求人の申し込み資格として、車種ごとの運転免許が必要な場合が多いです。