バスドライバー

バスドライバーの種類

バスドライバーは大きく2種類に分けることができます。ひとつが路線バスのドライバーであり、もうひとつが観光バスのドライバーです。路線バスのドライバーは、基本的には決めらえたルートを決められた時間通りにバスを運転し、バス停で停車して乗客を乗せて運ぶことが仕事といえます。地域のインフラを支える社会貢献度の大きな仕事です。バスの運転だけではなく、運行の前後でバスの車両点検をすること、乗客の安全管理も仕事といえます。観光バスドライバーとは、旅行会社などが設定したルートを旅行客を乗せて運行することが仕事です。

単にバスを運転するだけではなく、乗客に周囲の景色を楽しんでもらうことも仕事の一つのため、バスガイドとの綿密な打ち合わせをすることもあります。

バスドライバーの給与と資格

路線バスのドライバーの給与は、地域やバス会社の規模によって異なります。一般的に経験や年齢によって昇級していくシステムを採用していることが多く、バスドライバー全体の平均給与は年収450万円前後です。月収に換算するとおよそ37万円程度ですが、若ければこれよりも低くなることもあります。観光バスのドライバーの給与は、観光ルートの込み具合や距離などによって変わり、距離が長くなればなるほど給与は上がっていく仕組みです。平均収入は年収400万円前後で、これに加えて賞与が与えられることも多いです。

路線バス、観光バスのいずれのバスドライバーであっても、バスドライバーになるためには普通自動車免許と大型二種自動車免許を取得する必要があります。バス会社で運転免許取得をサポートしてくれることも多いです。

運送業の求人は配達エリアの大きさで仕事内容が異なります。トラックにカーナビが搭載されているかや自分の地理感覚がすぐれているかなどがポイントです。