タクシードライバーに必要な運転免許

中高年者は採用時に普通第二種免許の取得が必須となることが多い

タクシードライバーとして乗客を乗せて仕事をするには、普通第二種免許が必要となり、特に中高年者はタクシー会社の中途採用試験の際に取得が義務付けられているケースが多くみられます。普通第二種免許を取得するには、高度な運転技術や交通法規に関する正しい知識が求められるため、時間を掛けて実車や学科の試験対策に臨むことが大切です。最近では、ドライバーの確保が難しいことや、早期離職者が多いことから、普通第二種免許を持つ中高年者を積極採用しているタクシー会社が目立ちます。また、タクシー会社によっては年齢の面でハンデを感じることなく働ける環境が整っているため、タクシードライバーの仕事に関心があれば自信をもって就職活動を進めると良いでしょう。

新卒者は会社負担で入社後に免許取得ができるところもある

新卒でタクシー会社に就職をする場合には、即戦力が求められる中高年者とは異なり、入社試験を受ける段階で普通第二種免許を保有していなくても採用してもらえる場合があります。また、入社後に会社負担で教習所に通うことができたり、教習期間中の日当を受け取れたりする会社も珍しくありません。そのため、タクシー会社で長期にわたりドライバーとしてキャリアを積みたい人は、個々の採用者へのサポートが行き届いている会社を就職先の候補に入れるのがおすすめです。なお、入社時にすでに普通第二種免許を所持している人は、会社によって簡単な研修を受けた後にすぐに現場で活躍できることもあるため、面接のときに担当者とよく話し合うことが大切です。

ドライバーの派遣は、勤務地や出勤日、労働時間を自分で選びやすく、キャリアが短い人も雇ってもらえるケースが多く見られます。